病院のご案内

総泉病院 TEL:043-237-5001 面会時間 月曜日~土曜日/13:00~19:00 日曜日・祝祭日/11:00~19:00

  • 交通・アクセス
  • 医療機関の皆様へ
  • 看護部
  • 通所リハビリテーション ゆず
  • デイサービス こゆず
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅介護支援相談室
  • 長期療養型病院として千葉市第1号「日本医療機能評価機構」の認定病院2010年10月更新(バージョン6.0)
  • 日本慢性期医療協会
  • 医療法人社団 誠馨会
  • セコムの看護・
                介護募集サイト
  • セコム医療システム株式会社

総泉病院の取り組み

「すべては患者さんのために」を合言葉に“質”の追求に取り組んでいます

よりよい高齢者医療を目指して

「高齢者医療」…それは手術や積極的治療といった急性期の医療ではなく、慢性期の医療を指します。そして、単に医療だけでなく「介護」や「リハビリ」とも連携し、患者さんの「生活」を支えていくものです。
総泉病院では、多職種が連携し、よりよい高齢者医療を目指したチーム医療を実践しています。

医療安全

医療安全

近年、医療機関における医療事故の発生が大きく取り上げられています。総泉病院では、医療の安全確保のために、医療安全管理委員会を中心に活動しています。環境整備や、マニュアルの整備、研修活動を通じて事故防止に努めるほか、インシデント事例、ヒヤリハット事例の分析と評価を行ない、医療安全管理体制の強化を図っています。

認知症ケアへの取り組み

認知症ケア

当院には、認知症の症状が強い方や、治療が必要な疾患も有するなど、在宅での生活が困難な方が多く入院されています。そのような方に対し、「認知症ケアチーム」が発足し、認知症ケアはどうあるべきか、認知症者の尊厳を守るには・・と、研修を受けた看護師が中心となり、症例検討会を開催し、様々な立場からの意見交換を行っております。
認知症ケア専門士をはじめ、多職種でのチームケアにより、認知症高齢者が その人らしく笑顔で生活できるよう取り組んでいます。

摂食嚥下療法

摂食嚥下療法

摂食嚥下機能向上プロジェクトチームを構成し、慢性期における安全に経口より食事を提供するための体制づくりに取り組み、脳血管障害や高齢等による摂食嚥下障害患者の機能改善、誤嚥性肺炎の予防等に多職種での医療を提供しています。
今後、嚥下機能評価体制をさらに充実させ、摂食嚥下障害患者のQOL向上に取り組んでいきます。

排尿ケアへの取り組み

排尿ケア

排尿の自立は人間としての尊厳が守られるばかりでなく、ADL(日常生活動作)の維持、増進をもたらし、ひいては寝たきり患者の減少にもつながることと考えています。
当院では尿道留置カテーテルを1日でも早く抜去し、尿路感染を防止するとともに排尿自立によるQOL(生活の質)向上に導くよう質の高い排尿ケアに向けて、多職種によるチームで対応しています。

ターミナルケア

ターミナルケアとは、末期がんの方などに対して延命を目的とするのではなく、身体的・精神的苦痛をできるだけ軽減し、生活の質の向上を目指す終末期医療です。患者さんやご家族の望む最期が迎えられるよう、医療の現場と委員会で取り組んでいます。

褥瘡防止

身体状況によって、褥瘡(床ずれ)が起こりやすい方がいます。いったん褥瘡が出来てしまうと、治癒するまでに時間がかかります。褥瘡をつくらないように、リスクを減らしていくことを目的とし、委員会を中心に活動しています。

抑制廃止

総泉病院は、患者さんの人権の尊重のため、身体抑制を行なわない医療・介護に取り組んでいます。

非薬物療法

非薬物療法

高齢者にみられる「認知症」。薬を使用した「薬物療法」も大切ですが、薬を使わずに脳を活性化して、残っている認知機能や生活能力を高める「非薬物療法」も大切です。総泉病院では、さまざまなプログラムを提供して「非薬物療法」に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る

充実した療養生活のために

患者さんにとって、病院は「治療の場」だけではなく「生活の場」でもあります。毎日を快適に過ごしていただけるよう、さまざまな取り組みを行なっています。

森林療法

森林療法

自然に触れることによって気分が良くなったり、ストレスが軽減されることがあります。総泉病院では、裏庭の「清馨園」を利用して森林療法を行ない、季節を感じられるプログラムに取り組んでいます。

総泉カフェ

総泉カフェ

その昔「喫茶店」はゆったりと過ごす場所であり、待ち合わせの場所であり、仲間と過ごす場所でもありました。昔懐かしい喫茶店を病棟に再現し、淹れたてのコーヒーを楽しんでいただいています。

院内イベント

「お花見」「夏祭り」といった季節のイベント。「誕生日会」「総泉カフェ」といった毎月のイベント。患者さんの毎日が豊かなものであるように、さまざまな取り組みを行なっています。

院内新聞

患者さんに、さまざまなニュースや季節の話題を…。週に2回、院内新聞をお届けしています。

紙芝居

紙芝居

拍子木が鳴り、町のあちこちから子どもたちが集まってくる。飴を買って、さあ紙芝居の始まり始まり。患者さんたちにとって懐かしい時間の再現。紙芝居の自転車が、病棟に登場します。

ページの先頭へ戻る

より良い病院づくりを目指して

患者さんにより満足していただくためにできることについて、多職種が一丸となって考えています

委員会活動

多職種参加によるさまざまな委員会があり、積極的に活動しています。

接遇改善活動

「おもてなし」が大切であることは、病院においても例外ではありません。患者さんやご家族に「おもてなしの心」が伝わるよう、接遇委員会を中心に活動しています。

満足度調査

満足度調査

患者さんやご家族が病院をどのように評価しているのか、また、どのようなサービスを望んでいるのかを知るために、毎年外来および入院患者さんを対象に満足度調査を実施しています。

ページの先頭へ戻る

スキルアップのために

総泉病院は学ぶ意欲を応援しています。人材がさらに「人財」へとステップアップするために、院内外の講師陣による新人教育や管理者教育に力を入れています

研修会/勉強会/学会

満足度調査

知識を深めること、共有することを目的として、院内ではさまざまな勉強会・研修会が行なわれています。
また、外部の研修会や学術発表会にも積極的に参加しています。

院内認定制度

多職種が参加できる院内認定制度を設け、チーム医療としての専門性の向上を図っています。認定者の制服の胸元には認定の証であるバッチが輝いています。

「シーティングマスター育成研修」…車椅子の選定と調整機能の向上

「キャリアアップ研修」…リーダー育成

「ステップアップ研修」…管理者育成

ページの先頭へ戻る

働きやすい職場づくり

いつも意欲的に働ける環境づくりに努めています

ワークライフバランスへの取り組み

ワークライフバランスへの取り組み

ワークライフバランスは、「仕事と生活の調和」と訳されます。スタッフが仕事だけでなくそれぞれの生活や家庭を大切にしながら働けるよう、さまざまな取り組みをしています。

看護部では他部署に先駆けて「看護職のワーク・ライフ・バランス」事業(日本看護協会主催)に3年間継続参加し、働き続けられる職場づくりに取り組んだことを評価され、同協会より2014年「カンゴザウルス賞」を受賞しました。現在は、組織横断プロジェクトが立ち上がり、働きやすい職場づくりを推進しています。

ページの先頭へ戻る

病院経営への参画

総泉病院はスタッフひとりひとりをかけがえのない戦力と考え、経営への積極参画を促しています

バランスト・スコアーカード(BSC)

BSCとは、組織のもつ重要な要素を分析し、その組織のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れているのかを可視化するための業績評価手法です。総泉病院では、スタッフが病院のビジョン達成に向けて一丸となって取り組めるよう、病院全体と各部署それぞれにこの手法を取り入れ、さらなる成長を目指しています。

ページの先頭へ戻る

地域の中の病院であるために

住み慣れた地域で暮らせる安心感の提供に努めています

イベント

イベント

地域のみなさんの健康を守るため、イベントを開催するほか、毎年近隣の市民祭りに参加しています。

実習生受け入れ

看護実習生をはじめ各種学校の学生を受け入れ、将来の医療を担うスタッフを育成するお手伝いをしています。

地域への貢献

ウェルエイジングセンターを中心に地域活動やセミナーの開催をしています。

ページの先頭へ戻る

エコへの取り組み

エコキャップの回収

エコキャップの回収

ペットボトルのキャップを集めて再資源化することでCO2を削減し、キャップの再資源化で得た売却益により発展途上国の子どもたちにワクチンを贈る「エコキャップ推進委員会」。
総泉病院は協力会員として、キャップの回収に参加しています。

ごみ回収

ごみ回収

病院から出る「ゴミ」の行方にも注目し資源の再生につとめています。廃棄物は電力に変わる「燃料」に、古紙やダンボールは再生紙へそれぞれ生まれ変わります。

ページの先頭へ戻る

第三者評価

日本医療機能評価機構長期療養型として千葉市第1号の日本医療機能評価機構認定病院

日本医療機能評価機構認定病院

日本医療機能評価機構は 「患者さんのニーズを尊重した質の高い医療サービスができているか」という視点で病院機能をチェックする第三者機関です。
総泉病院は2000年10月に長期療養型病院として千葉市第1号の認定病院となり、2015年12月に3rdG:Ver.1.1 にて更新認定を受けています。

日本慢性期医療協会千葉県第1号の慢性期医療認定病院

日本慢性期医療協会認定病院

日本慢性期医療協会は10領域62項目からなる「慢性期医療の臨床指標(Clinical Indicator)」により診療の質を客観的に評価しています。 総泉病院は同協会の審査基準を満たし、良質な慢性期医療を提供する病院として2012年6月に千葉県第1号の認定病院となりました。

ページの先頭へ戻る

ウェルエイジングセンター(WAC)~より良く年齢を重ねるために~

「アンチ・エイジング(歳をとらない)」のではなく、「ウェル・エイジング(よりよく歳を重ねる)」を目指した高齢者医療サービスの実践に取り組んでいます。

総泉病院では、専門性の向上を図るため、2006年11月にスタートした『ウェルエイジングセンター』は、3つの機能で構成されています。

1. 教育

ウェルエイジングの啓蒙活動を地域の医療・介護関係者に対して行なっています。
また、自治体からの依頼もあり各地で数多く開催されています。

2. 研究

a.メディカルケア
専門医による高齢者医療を実践するなかで、診療のみならず薬・サプリメントまで範囲を広げて研究・開発を行なっています。さらに、海外の取り組みへの研究や情報交換なども積極的に行なっています。
日頃の研究結果は、もの忘れ外来など診療部門における専門性をより強化しています。

b.活性プログラム
思い出療法、森林療法、ノルディックウォーキングなどのプログラムによる高齢者へのケアを行なっています。

3. 広報

高齢者医療に特化した病院としての取り組みを知っていただくために、広報活動を行なっています。
また、地域の医療・介護関係者からの相談や病院の見学も受け付けています。

ページの先頭へ戻る